恋愛心理分析

気になる女性に避けられた気がする・・・。でもそれは好き避けかも!?

こんにちは、松本です。

あなたが付き合いたいと思っている女性に、勇気をふりしぼって言葉をかけた時、予想よりもドライな行動をとられてしまうことがあります。

行動だけを見れば、明らかにあなたを避けているように見えますが、実はこの行動は「好きだから起こる行動」である可能性もあるのです。

そもそも好き避けってなに?

「好き避け」とは、この文字の通り、好きな気持ちを抱いている人を避けてしまう行動のことです。

例えば、好きな男性が話しかけてくれたのに、女性は逃げるように遠くの席へ移動してしまうといった行動を指します。

どうして好き避けをしちゃう人がいるの?

好きな男性が話しかけてくれたのであれば「これはチャンス!」と、積極的に話を盛り上げようと考えることが普通でしょう。

なかには、ちょっとした会話のなかで男性からのデートのお誘いをOKするなど、トントン拍子に恋愛が進むこともあります。

なので、勇気を出して彼女に話しかけたのに冷たい態度をとられてしまうと「ああ、この女性は俺のことを恋愛対象として見ていないんだな」と思ってしまうかもしれません。

けれど、好き避けによって、彼女は無意識のうちにあなたを避けてしまっている可能性があります。女性の冷たい態度を見ていると、好き避けのようには感じられないかもしれませんが、女性の心に少しゆがみがあると、こういうことが起こりやすくなるのです。

女性の心のゆがみって?

人は大人になっても、小さい頃に考えたクセがなかなか抜けません。例えば、幼少期に両親や祖父母から愛情がもらえなかった場合、このような心のゆがみが生じやすいです。

「欲しい欲しい!」と周りに求めた愛情がもらえなかったのだから、私の人生はずっと愛情をもらえるはずがないと決めてしまっている人を「愛情不安型」といいます。

そして、「欲しい欲しい!」と愛情をもらえずに育ったため、そもそも愛情を「欲しい!」と考えていたことを自覚しないようにしてしまう「愛情回避型」もあります。

どちらも幼少期の過ごし方が根っこにあるため、非常に難しい心の問題です。また、本人が「愛情不安型」や「愛情回避型」を自覚していないケースもあります。

好き避けの代表的な行動パターンを知っておこう

好き避けによって起こりやすい行動パターンをご紹介します。これらを知っているかどうかによって、好き避けかどうか判断ができる場合も考えられます。

そのため、女性の好き避けの行動でできた心の傷も、そこまで深くなく、受け止めることができるかもしれません。

話が盛り上がらない、うまく会話が続かない

いかに女性との共通点があるかなど、少しでも恋人対象になれるよう頑張って話しかけてみても、うまく会話が盛り上がらずに次の言葉を見つけることに苦戦しまうことがあるかもしれません。このような状況になれば「俺のこと、嫌いなんだ」と落ち込むかもしれません。

しかし、女性が「話をしていても私の魅力なんて見てもらえるわけがない!」「好きな人と話すなんて、恥ずかしすぎて何を話したらいいのか分からない!」と好き避けをしている場合もあります。

話しかけても目を合わせてくれない

あなたが好きな女性に話しかけた時、笑顔で「こんにちは」と言ってもらえたら嬉しいですよね。しかし、あなたが話しかけても下を向いたままで、あなたと目線を合わせないどころか、顔すらも見ないようにする女性もいます。

これも好き避けのひとつであり、あなたのことを好きすぎるあまり、不安でいっぱいになって目を合わせることができないのです。あなたから話しかけられたことに混乱をしてしまっている可能性もあります。本当は楽しくおしゃべりしたいのに、それをできている様子が思い描けなくて、こういった好き避けをしてしまうのです。

一定の距離を保ち続けて横に座らせてくれない

カウンターなどで座っている好きな女性に声をかけたとしましょう。あなたは、女性の横に座り、会話をするつもりでした。けれど、女性はもう1つ横の椅子に移動してしまいます。あなたはシックを受けるでしょう。

人にはパーソナルスペースという意識があり、自分以外の人がこの範囲までなら近づいても大丈夫だけれど、ある範囲を超えて人と近づくと心地良いと思えなくなる距離のことをいいます。

よく満員電車などで見知らぬ人とぴったりとくっつくことが苦手な人がいますが。これはまさに自分のパーソナルスペースが保たれていないからこそ起きるストレスです。簡単に言えば「個人の縄張り」と言えるでしょう。

好き避けか、単に嫌われているだけなのか、どっち?

女性の態度が好き避けなのか、それとも単なる嫌いという気持ちの表れなのか知りたいと感じる人は多いでしょう。そのような時は、以下のような方法で見極めることができるかもしれません。

LINEで会話をしてみる

まず、女性にLINEを送ってみることをおすすめします。いつもはグループLINEでしか会話をしないのであれば、なおさら1対1での会話が理想的です。

実は、相手のそばで目を見て会話ができない女性でも、LINEではやりとりが続けられる場合があります。これは、やりとりが文字なので、好きな人の視線も感じることなく、緊張せずにゆっくりと返事ができるという安心感があるためです。

また、LINEであればスタンプ1つで返事を済ませることができるので、より女性が会話しやすい環境といえます。

女性にLINEを送った時、返事がくれば、あなたは好きな女性に嫌われていない可能性が高いです。会話が続けば続くほど、その可能性はさらに高まっていくでしょう。

なぜなら、社交辞令で返事を返したのであれば、途中で返事を返すことをやめるからです。または「もう寝るね」などの、これ以上会話を続けたくないという意思表示があるはずです。

相手のささいな行動や表情を観察する

人間はやはりどこかで本音がでてしまうものです。女性のふとした態度や表情を見るだけで、あなたに対する気持ちが表れているでしょう。

何度か話しかけても、不愉快そうな行動に変化はなかったと思うのであれば、あなたは女性の恋人候補ではないかもしれません。

ただ、だんだん会話の時間が長くなってきた、挨拶をしてくれるようになったなど、良い変化が見られるようであれば、好き避けだったと解釈してもいいでしょう。

好きな女性に好き避けされている場合、どうすればいい?

あなたが何度話しかけてもうまく会話が続かない、けれど、LINEでのやりとりであれば数時間も会話が続く。など、女性の行動に矛盾が見える場合は、好き避けの可能性が高いでしょう。

では、このような時、あなたにできることとして、どのような選択肢があるのかご紹介します。

いったん少し距離を置いてみる

あなたの好きな女性は、あなたの積極的なアピールについていけていないだけかもしれません。そこで、あなたから何か行動を起こすようなことは、いったんストップしてみましょう。

女性も「あれ?最近、話しかけてくれないなあ」と気づくことで、好き避けの度合いが変わることもあります。

もしも好き避けではなく、単にあなたが嫌いで不愛想だっただけの女性でも、いきなりアプローチがなくなると、あなたのことが気になるかもしれません。

好きな女性に気持ちを聞いてみる

これは半ば告白のようなものなので、非常に勇気が必要です。けれど、女性の気持ちがはっきりとわかる行動ともいえます。

「僕はなにか不愉快なことをしたつもりはないんだけど、何か嫌だと感じさせることをしてしまったかな」と素直に分かりやすく尋ねてみましょう。

彼女も恥ずかしくてなかなかすぐに本音がでないこともありますが、あなたを嫌っているわけではないという場合には、きちんとそのことを伝えてくれるかもしれません。

もしも女性があなたを嫌って冷たくしているということが分かったとしても、あなたもはっきりと女性の気持ちが分かって安心感を得られるのではないでしょうか。モヤモヤした気持ちでいるよりも、ずっと気持ちは軽くなるはずです。